みゆき先生の雑記帳

2016年は日伊交流150年祝年にあたり、
食と風土のご縁にあらためて身が引き締まる思いでございます。
当会ミルキーハウスはこの春次のステップに向けての節目に差し掛かっておりますが、
いつも温かな眼差しで支え下さっている皆様には感謝の念でいっぱいです。
ご挨拶が大変遅くなりましたが、前進するのみ、
変わらずのご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。
あらためて新年おめでとうございます。
昨年は夏も終盤の頃それも現地リサーチ不足のままにカフェ営業へと踏み込みました。始めてしまったからにはノリで過ごしましたが(笑)、沢山の出会いを戴きました事本当に感謝しております。
私事ではございますが一昨年から母親の体調が思わしくなかったものですからその狭間で悩んでいましたが、亡くなった父親に導かれるように母もこの環境で楽しく延命すべく秋から生活を始めました。昨年の収穫祭には山梨の郷土食である「やこめ」を母のお披露目がてら提供させて頂きました。
お隣同士なかなか顔も話もされた事もない方もいらしてやはり色々きっかけで、コミュニティーの場としてご利用頂き健康でいるご様子を知る事も一つのお役目かと思っています。隣の関西の方も前のお宅もこの春から移住へと、これから賑やかになりそうです。
明るく健やかな環境づくり・・そこから発信!それこそ私が求める理想郷イエーイ!ちとオーバー。北海道の米作りにも見られるように日本全体随分四季の野菜が色々変わってしまい、いずれ温暖化による地盤災害等で高冷地に定住される方が増えるでしょうから、この地も医療や福祉機関が充実される事を願います。母も心臓の機能が低下して体と心の痛みで一時塞ぎこんでいたのですが、時々ご挨拶に出没しますのでよろしくお願いします。
何はともあれ留守番して貰えるのでプライベートでも出掛けられます!(笑)新年早々の予約の営業でスケジュールの書き込みが何かと後先で申し訳ございませんでした。
小淵沢は今でこそリゾート観光地でありますが、その表向きの顔とは反対に戦後70年と言う血や汗がにじむ開拓者たちの「蔭」に支えられて今に繋がっている事を感じます。この地ならずとも全土国民が時代に巻き込まれての「生き方」だったと思います。私たちの心の古里はいつもどこかに繋がって・・感謝です。
先日は田舎暮らしの様子を再発見したく農大の食農博物館に行ってきました。昔の農具や江戸時代から家族の一員のように暮らしていたチャボ達の様子等、それから土間の作りには昔の人たちの知恵が詰まっていて農と食その関係をこれからの子らに道徳と同じに自然に教えられるようにしたいと感じます。
人は水を求めてその流れる川の近くに里を作ってきました。水を吸い上げ育つ草や木々たちは私たちの大切な財産です。葉っぱ一枚でも薬用になり、1本の「木」でも住む家の柱や煮炊きする火になります。木を2本並べて「林」、3本で「森」そして広~く広がるイメージで「杜」(もり)です。
北杜市の杜が美しい環境のままに、どこまでも広がって欲しいと、店前の赤道(あかみち)である小道を「杜の赤松通り」とネーミングしました!森の中の倒れた木等持ち主が綺麗にしてくれるともう少しイメージアップできるのですが、許可がない限り片付け出来ないもどかしさデス。区長さんもご近所さん達も「その名前いいねぇ」って言って下さったので、早速都内の看板屋さんにもお知らせし発信させて頂きました。
1月7日小正月七草粥の今日、雪は降りそうにもありません。と言うよりお天気日和で店内もぽっかぽっかです。昨日はご近所からいらしたお客様に日当たり良好!と看板に書いたらどうですか?と言われてしまい、そのお宅は林の中で買った時は良かったそうですが今は大変寒いのだそうで・・そうですね木も大きくなりますから(笑)北からの低気圧の予報はどこへやらで散歩の方がいらしてます。
母が連れてきた猫のミーコも寒さ知らず、自分のテリトリーをと動物本能むき出しで。ムササビのように庭先の赤松に這い登って下りられなくなり救助して貰ったり、グロテスクな虫など捕まえて来ては、これ見よがしに持ち込んでしまうものですからキャーキャーいつも泣いています。いと恥ずかし。
目の前の赤松は、時々ゆっさゆっさと風が強くもないのに揺れます。赤松は上に伸びるには自分で下枝を落とします。自然から大地からそして風から、スピリチュアルな感覚を学びます。ふぅ~ん・・はは。色々先の見えないものもあるけれど・・普通では行けない。困った事に。表面だけなぞった知識などには関心も興味もないのです。ただ雑草のように無欲に実践してきた事を教えるだけ、それで良いかなと赤松に教えられたのです。ものごとの本質や真実を求めて先に進む道・・それが出来るなら何も惜しまないって思います。いつもイイよイイよでは物足りない!?(笑)たまにはガツンと私の価値観に意見してくれる元気な人もいて欲しいかなぁ~と解決ならない新年の悩み?ぼやき?・・お後が宜しいようで。
久しぶりの雑記帳長々なりましたが、暖かい冬にはドカ雪が待っているそうで。ひゃ~想像できないけど。皆さまお身体ご自愛下さいますよう。海外も日本も大変な事が始まっています。願うは「この世の平安」いつも健やかでいてくださいませ。あなた自身の笑顔の為にも。
Miyuki

西の雲が割れ夕日が社殿を赤々と照らすその様が強烈だったので撮りました。昨年11月平安神宮にてメモリアル日。