MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳
-2014.11月 秋の収穫祭後のご挨拶


地球の庭で人は我欲にまみれるばかり
戦争や暴動で地球の怒りは治まらない
熱を帯びて山々が噴火し始めたけれど
雨水が森でろ過され皆の飲み水になっている事すら忘れ
必要以上の食べ物の為に土や野菜や家畜まで毒漬けしている
空や海の自浄作用が無くなり変な疫病の広がりは時間の問題
ご神体そのものである山々は熱いマグマを吹きだして
やがて熱くなった地球を冷却する段階へと入り
これから氷河期のような寒く厳しい生活が強いられる・・・そのような気がします。

地球の自浄作用は恐れていても仕方がない事。ただ戦争は避けたい。せめて生きてその瞬間を楽しんで平和を祈れる繋がりが欲しい。攻撃的な仮想空間的なゲームは怪奇な事件を起こすでしょうから、テレビマスコミの在り方ネットの書き込み全ての情報に必要ないものが多すぎて、その規制になる法案が厳しくなってくるでしょう。

農薬の蓄積はやがて土を枯らします。大地の循環、水の循環再生の上に昔も今も変わらないでいて欲しい古里はあります。せめて太陽のように明るく、釈迦の言葉で「天上天下唯我独尊」おごり高ぶらずありのままの自分を大切に生きることで良しとしたい。生まれた時は皆それぞれの個性だから変に飾りたてる事もいらないから、大地に立って根を張って生きていれば身近な人の話を聞いてあげる平凡な事も幸せに思える。そう思うと私も太っ腹になっていつも日本の古里の母親のような人でいたい。海外の方もお招きしたいし体調と合わせて新規の事一足飛びには行きませんが進めていますので、その間こちらの更新が遅くなりますが宜しくお願いします。

さて明野のミルキーニンニクは八ヶ岳おろしの本格的な寒さが来る前のこの頃に、冬眠の準備とばかり今年最後の根っ子を一気に伸ばします。そのニンニクですが、契約不履行の事件が発覚し商売に走った者がいて一部流されてしまいました。また生産性を上げるために農薬散布で販売をしたいと言うのには頭が真っ白になってしまい環境土壌に優しいその為の農業・・その目論みに賛同しての傘下ではなかったのかと暫く自責の念でどのように報告しようかと心が痛んでいました。関係者様には大変ご心配掛けました。

さてさて話はガラリと変わって親や親戚の願いは私の今度こその結婚であるからして(笑)人生初めてこの歳で素敵な出会いの主催ご紹介者しか入れない正式なパーティに形だけ参加してきました。年長者で皆年下でしたが楽しかったです。ビックリしたのは女性の方からスカウトされぜひ友だちになって下さいってハハ、女子高だったから当時の「せんぱ~い交換日記してください!」って言われた時のあの感覚思いだして笑えます。そうですね、どこまで仕事を応援し癒してあげられるか・・ファミリーになりませんか?は言えるかも。小さい時から日記の裏表紙にマークしていた四葉のクローバーのように・・地位も名誉も要らない、人として温かく接する事ができる優しさを持つ人とパートナーならイイなと思う。Fbのような顔の見えないものは辞めまして五感的に直接の声で対話したいのです。以前の私は色々プライベートと仕事と山積みの問題があって人生の大切な事から逃げてばかり。友だちがココに書き込みなさいって言うのでコホン!はい公に募集中です!

思いっきり仕事で忙しくしても家に帰ったら、ぼーっとしたいんだにゃあ〜猫のようにゴロゴロ喉鳴らして一日が終わるんです。やっぱり平凡の中の幸せと言う所でしょうか、お後が宜しいのでこの辺で(笑)寒くなって参りましたので皆様ご自愛下さいませ。本日はとりとめもなくパタパタと書き込んでしまいました。すみません。またこちらの写真は富士山の中でも透明度が素晴らしい本栖湖の写真です。紅葉前のものですが、千円札の絵の場所になっているものです。雲が掛かっていますがチコッと紹介です。未だ富士山の周辺は紅葉狩りが間に合います!!


※前回の雑記帳での舟下りは11月末日で運行終了となります。大変残念な事、行政が主体になって山梨の歴史と観光を存続する価値あるものに出来るよう改善を望みます。 英国のハーバート・ジョージ・ポンティングと言う人物は100年前に日本を旅し山梨の富士川の舟にも乗っています。書籍「英国人写真家の見た明治日本」日本の素晴しさが記してありますので参考にお読み下さい。




house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved