MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 -2011.8月 闇の中の光、夢から目覚めて・・

閃光が私の闇の中を走った。とてつもない大きな丸い光、フォトン光の子?が放射している。夢で起こされた。未だ朝の5時。次の日もそしてその次と3日間同じ夢を見た。私のPCは漏電してもいないのにビリビリ手に触れる、時間差でやり取りするメールが何回も中断してお手上げと言う事態、電気屋さんに来て頂いたけど5月迄何度も。「可笑しいね地球、台風も早くない?」「言える!」「血液はヘモグロビンの鉄でしょ。私血の気多い?」「それが何?」「血液の化学物質と反応しちゃうの?パソコン。太陽の電磁波も異様に近いし携帯もHPも1回消し落とそうかと思ってる。大根も種蒔きまだだし」「そこまでしなくても」「時間の問題でしょ。いざと言う時携帯もGPSも役に立たないし」「降参だね!」アンドロイドのプログラムの勉強も止〜めた。で暫くまた壺に入ってしまった私。

こちらをすっかりお留守にしてしまいご心配掛けました。時は刻々と変わっています。でも本当に変わらなければならないのは私たち人間が物欲を捨て自由人でいる事でしょうか。「花鳥風月」・・土と戯れ汗を流した明野での生活は、都会の雑踏の中にいる時でも、空が、風が、雨の気配が、今でも私を自然と一体化させてくれます。この感覚はこの地球に奇跡として生まれ、今生きている事の感謝の念をいつも覚醒させてくれます。普通の人からすれば大げさで(ホント)お馬鹿ですが自然の息吹を心に刻むようにしています。良い戦争にも悪い戦争にもありませんし、お金の在り方が人を汚していく。何か来たるべき時の流れ・・それでもじっくりと時を静観しているもう一人の私がいます。

先日旅先で冷房病になってしまい忙しいお盆も過ぎたので、天然の日焼けに行こうと終盤のヒマワリ畑を見に行ってきました。東京から急行で甲府に到着したら普通電車に乗り換え約20分、3つ目の韮崎駅で降ります。お客さま気分で行きます。バスが少ないとの事で午前中に間に合うようにと、朝作ったサンドイッチをバッグにちょこんと入れて(常に防災備蓄デス)10半頃着きました。八ヶ岳みずがき行きが明野ヒマワリ行き。待ちが20分も間があったので駅のパン屋さんでコーヒーを飲んで、では!バスに乗り込みます。車でなく始めての体験。日本でも屈指なラジウム量での増富温泉そしてみずがき(瑞牆)山は奥秩父の山になりその登山者達も多いようです。ゆらりん〜バスは明野に向かいます。・・と何故か運転手さんが急に喋りだした。観光ガイドも兼ねているのですね。あっちこっちの畑と楽しそうに言ってくれても畑何番地じゃないから分かんないかも。でも運転手さんの話で座布団1枚、でハイジの村1つ手前温泉館の所で降りました。

バスを降りるやいなや真っ青な空が目の前に。うぉ〜!しあわせ。吠えた(笑)夏真っ盛りのような天気、夕方は入道雲に会えるかも。おいしい空気があればもうそれだけでアグリカルチャー感が味わえます。明野の高台から右に八ヶ岳を見て下界を見下ろすと殿様気分になった感じがします。?違った奥方でした(ホホ)。では少し歩きます。農家の人達がテントの下で地物野菜等売っています。大好きなモロコシ丸かじり一人では恥ずかしいな、食べたいのう・・ブツブツと言いながら、では四百円のブルーベリージュース、これ!目がうるうるの千里眼ジュース、赤紫色でこぼしたらたいへんと恐々飲んで、美味しい!もう1杯(笑)

花より団子ヒマワリ忘れていました。ヒマワリも元気皆畑に入って写真撮りです。では私も。ヒマワリじゃなくていいんですか?はい。明野初めてと言う方に青空と一緒の写真を記念に撮って貰いました。

青空と私の写真

どちらから?と聞かれたので、「実家は甲府の隣甲斐市ですが畑がこっちにあるので」と答えたら「畑って畑?ですか?」と変に思われたけど「明野はこれから栄えますよ」と確証もない宣伝したら喜んでいました。変なテンションの高さと暑さで血流が余計早くなってきて、ロン毛で後ろ首だけ焼かないように隠しているけど・・ナイアガラ汗。ふぁ〜暑いよう・・。ニンニク畑の所に行かなくちゃ。散策して周って行きますと言ったものの、噴き出す汗です。ほとんどサウナ状態。素足のサンダルも汗で靴ずれしそう。死にそう・・困った(笑えない)・・・・・やっと到着。良く歩いて来たじゃん!と言われ、「はあ。ちょっとの距離なので」とお迎えお断りしたから涼しい顔でもお疲れバレバレ。明野の空気を吸ってゆっくり涼みました。帰りモロコシに後ろ髪が引かれ、生のモロコシ5本ばかり買っていたらポツポツと夕立の雨。お天気当りモコモコ入道雲!急にモロコシ売りのおじさんが姉ちゃんこれあげると言ってごっそり袋詰めしてしまって・・いや〜どうしよう。一緒の農家のおばさんが今日取ったものはもう売れないからイイんだよ。ですって。やったあ!お陰で私の朝は大好きなモロコシとヨーグルトそれと有機豆のコーヒーで1週間続き、まだ残るので茹でてから包丁でモロコシの実を落として冷凍し、水煮の潰したトマトとレンズ豆とモロコシだけの簡単滋養スープを朝飲んでいます。モロコシは夏の胃腸を強くしてくれる薬膳野菜です。夜は外食ばかりなので自然食の力は助かります。

それにしても夏真っ盛りの畑歩きは日除けもないから大変なのが充分過ぎるくらい分かりました。電話確約で100人からの来客受け入れをスタッフ総出でした夏のイベントの事を思い出し、村の係りの方が車でピストン必要かどうかの時軽く流してしまい温泉館から歩けなかったと言うものでした。そんな反省後は車のディーラーの方に配車お願いし涼しいバンガローを利用したりしてきました。イベント設営にご苦労掛けたご立派な社長のルミエールワイナリーさん(笛吹市)の秋のワイン日和も近くなってきましたね。そちらもどうぞ行かれて下さい。ルミエールも「光」と言う意味デス。そうそう魔女の宅急便の松任谷由実の懐メロ曲で「ちぃさい頃は〜神様がいてぇ不思議に夢を〜かなえてくれたぁ」ホントそのとおり毎日が不思議ちゃんの世界(笑)その歌詞の続きは、「大人になっても奇跡が起こるよ〜」そして最後が「目に映る全てのことがメッセージ〜」です。皆の思いが天に通じて亡くなった方に届くように、生き残された私たちが世に残した思いを引き継いであげる事でしょうか。あっ打っていて、そうです引き継いであげる、あの夢の「光」のメッセージですね!と勝ってな思い込み(笑)千年に1度の大祭のような地震、地球も生きています、提案した五感は理性とは別物のようで五平餅、失礼語弊があるかもしれません。PCの中では日常的なバーチャル化した異次元仮想体験は、脳だけのキャッチであり生身の「生きる」人間である事を一瞬遠ざけます。骨となり血となり骨格を作る器質機能一体は感性豊かにマイナスイオンいっぱいの野山や川でたくましくなるのがイイかと・・山が崩れようと津波が来ようと悲しんで泣いてばかりいられません!はい私も。防災意識でドッコイ(失礼)自然を謳歌して生きましょう。

「皆さん、今日が無くて明日はありません。今の幸せが明日を作るのです。明るい未来に清き一票を!?」声高らかに歌ったり、大好きな太陽さんに皆の健康をお願いして今も情緒豊かな五感を山梨でまずは私から育成中でございます。平和を愛するラブ&ピースのみゆき有難うございました。明日政権はどなたに?若き政治家の卵さん達待っていますよ〜・・・ボジョレヌーボー解禁?チト早いでしょ。明日は日本のワイン甲州で行こう!(笑)

バラの写真01   バラの写真02

太陽光を見つめる事務所の薔薇と中津川の方に頂いた象ちゃん!生きていますよ〜 (8/28)







house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved