MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 -2011.3月 心惹かれるままに・・ -

3月の春の陽気の中突然の雪が降り、またその翌日にグラッと1回の揺れ・・これは異変かとお台場SHOP展示会を2日繰り上げトンボ帰りで山梨に戻ってきました。11日県庁で理事たちと打ち合わせ中に今回の地震は起きました。昨年の暮れより大変な年に突入したのは言うまでもありません。10日程前太陽がいつもとは違う異様な赤褐色でありました。でも何が出来る訳でもありませんし地震に限らず海外のニュースでも心休まる日がない今日この頃です。一日も早く復興できますよう、また亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りします。

春を楽しむ気持ちも楽しむどころか意気消沈していますが、この時期自殺者も多く甲府から東京間のここ中央線は特に多い所です。先週も中野で40分間も急行の中待たされたばかり。社会要因の介護や家計を苦に亡くなる方もいるようですが残された家族は一生その事と向かい合って暮らさなければなりません。死んでもまた生まれ変わればいいなどと安易に考える若者が増えていること、心の健康について精神医療の専門ケアドクターが足りない一つの理由です。

「輪廻転生」・・願望に反して現実しか生きたくない私は人生は1回、2度と来ないと信じています。燃え尽きてこそ死ねるのですからそうあって欲しいと。心臓は何十年もドキドキバクバク休みなくして疲れてしまいます。人生長くいますと(ほんとだねぇ)感動しなくなるのが普通でしょうけれど、喜怒哀楽の感動してこその人生と思っています。どうしても仕事上の顔がありますので、極力冷静さを保ちますがコホン!蟻さん一匹転んでも笑えます。いえ冗談です(笑)

せめて笑顔で過ごしたいとまだ元気100倍とまではなりませんが東に西にとアクセス環境が良い実家すぐ中央道双葉SA、竜王駅近くに新しく事務所を置きました。マイクを持ったら明るく元気に喋りますのでご心配せずに相変わらず可愛がってあげて下さい。でその竜王駅は世界建築の安藤氏が将来を見越した都市化デザインで昨年は構内を飾るクリスマスイルミでも話題になりました。そこから赤いシャトルバスも街中を巡回していまして都会的なフードコートのあるショップモールや生活ショップセンターを周ります。甲斐市は地形的にも360度パノラマの近代化エリアです。甲府市のB級グルメ鶏モツの鶏もち隊も元気なのでフルーツ大国八珍果山梨にどうぞお出かけ下さい!としっかり広報(笑)

さて話がいにしえに飛びますが五百年程前母方の先代に全国一千寺開眼された行者様がいました。その方のDNAの一部が赴かせるのかどうかは分りませんが、北から南へと農村漁村の土着民的な風土に本能的にふれたくなる事があります。人の三欲(私流、食欲性欲金欲)を捨て人生何事も勉強と思い行者様の三分の一位は修行を終えた感覚でございます。オーバーだねぇ。で何か収穫は?

行者様は修行もお遊びの内と仰せられたそうな。温泉地で療養し英気を養わせて貰い食べ歩きもしながら温泉の効能なども調べました。岐阜の温泉には筋肉痛やリウマチに効能が優れ病院には全国からリハビリに来る患者が多かったのです。旅館からご縁頂き一ヶ月に10日程のアルバイトを頂く事になりまして、正規に働いてみませんかなどと言って下さったのですが、馬鹿正直と申しますか・・はい6ヵ月しかここにいられませんと申しましたら、そこの支配人様がむせ返してしまわれ大変失礼であったと(笑)その時の方がOh! My GOD!オーマイガットさんでハハ・・(大前様)楽しい思い出デス。その後木曽のご縁では時代がタイムスリップしてしまったかのような経済の貧窮地ながらも川魚や猪肉など地の食材と人々の暮らしや、そこに自生する多くの薬草も勉強になりました。契約施設の可視化されない業態組織に課題を残したままではありましたが、昨夏には木曽福島駅から御嶽山に向かい行者様も寄られたであろう滝で時空を超えた何とも言えない体感をすることに。山間気圧と雨の多さはお日様好きの私の体質と反して住み慣れていないからこそ厳しく感じるものでしたが、リニア線上の中津川に在所し米や栗農家たちのご縁も頂き人に恵まれ感謝です。

「ドルやユーロの揺れ幅を見ていると日本人の猿の物真似的な事の時代は終わったように見えますなぁ。日本人の先祖弥生時代くらいには頭脳も手先も器用な人種であったのにいずれこのままでは日本人のルーツがなくなるような気配でござる。これは大変な革命。日本は沈みますかね」「和と輪の人づくり・・和は和合する意味で輪は動きの輪になりまする。和合しながら回転するそのスパイラル軸の構築を組み立てると言うものですが。如何なものか」何故か信玄と猿が話してる。。猿は私?ひゃー夢かぁ春眠暁を覚えず・・それにしても変な夢を見た・・幸せ者(笑)

その信玄の山梨の質問が多いので・・国会に出てる○○さんと親戚ですか??ですが・・人皆元を辿ればルーツは親同じとなるのでしょうが、同じ姓であっても親戚ではありません。「輿石」は山梨県の姓名でまだ武田信玄の戦中前より釜無川の治水の管理体制をする為に地所に領主を置いたのが輿石領となりました。甲斐市の一帯がずらっ〜と何件も並んでいますが皆その歴史に貢献した先祖一族。と言うことでしょうか。輿石さん貢献して下さいねっって誰?

日本も今はまだ不毛な時期。国に求める声もなく環境ビジネスにも手立てがない・・どこに行っても結論を急いてはいけないけれど。見たもの感じたもの凡ての私の生き様の中でこの現実とは真逆に・・美しく心惹かれるままに、心の魂は遊べよ遊べと心丸く言われる。そう、はかなくも「今」を生きている証に、赤い夕日や姿のある山なみを目に焼き付けておこう・・と。それもこれも人間がしたこと。雲に散らばる化学物質オキシダントたちの雲海は雨になって地中に入り長い地球の誕生からは異物なもの。それはもう蘇生できない限界数値を超えているから、水の都地球が狂いだしても何もおかしくなくて地球もリセットの時期なのでしょうね。

昨年長野の自衛隊の若者と話をする機会がありました。短い時間だったのですが、また会いましょうと。そんな事先日思いだして電話入れてみました。「生きてます?」「はい大丈夫です」果敢に戦う意思が見えるような熱い声が聞こえてきた。良かった生きていて。何故かその時そう思ってしまった、今回の地震の予感をしたかのように。「平和を仕事にする」自衛隊のキャッチコピー。人の命の尊厳を自分の命と引きかえに守っている、私もそうでありたいと尋常ではできないその生き方にエールを送りたい。

岐阜ではドクターヘリも準備されている。家の近くには航空学校のヘリポートもある。いざとなったら警察も自衛隊も動くから何のことはないのかも知れないけれど資質を高めて出来る事の優先順位をしなくては間に合わない・・私も男だったら自衛隊に進んで入隊していた・・ん?いやきっと馬鹿と言われながらもずっーと一生かけてノーベル平和賞を貰う為にアメーバかゾウリムシの研究科学者かなぁ(笑)

4月8日から信玄公祭りが行われます。時には打算的な理性で、追い風が来たら出陣一気に進もう!!
(3/15記・・まだまだ余震が続きそうです・・) 

※追記とお詫び 震災事情により本年の信玄公祭りは中止になりました




house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved