MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 -2010.8月 夏だ夏!ビアガーデン -

いつもの木曽の景色が夏を迎えて観光シーズン一色になりました。阿寺の渓谷はキャンプの人たちで大賑わい。夏のこのトップ シーズンを逃すまいと色変え品変え(笑い)それでも今だけが活気めいているだけで木曽の冬は早く来そう。

こちらをすっかりご無沙汰してしまいました。明野ではニンニクの出荷時期となり、今年の長雨の天候にもめげず大粒になりました。 甘い香りのミルキーニンニクは地域指定生産のブランド化にしてありますので、木曽まで持ち込む事も必要ないと思っていたのですが 企画とは言え私の調理には欠かせないスパイス素材で美味しく召し上がって下さるにはとサービス提供しています。

こう世の中が経済的にも落ち込みや企業のあり方を問われる流れに、大げさの事は出来ない迄も、向かうべき道の手助けになればと、 行く先々のもくろみにミルキーの業者にも協力もらいつくづく幸せ者と感謝です。照れるからここに書いちゃう(笑)

さてさて木曽ではもう半年が過ぎ色々決断されるべく時期が来ました。相当なリスクが伴うと思いながらも、皆の期待に応えるべく楽し みたい(笑い)。リスクを恐れては何も進まないから。だいいち私人呼ぶ人ですから〜あとはやる気の元気です!とと・・何するの?の従 業員の反応。隠れビストロも波に乗りつつ夏になったので、楽しみながら第2弾企画です。

ビアガーデンドリンクオール400yen!焼き鳥に東京居酒屋調の高級カルビ、天然エビ揚げ、鱒の塩焼き、つまみ類オール一皿500円、 と破格値!村民には生ビールの半券を新聞に載せて200円。もう来るしかないでしょ。と勢い立って・・そこまでは良かった!良かったの ですがねぇ。来る来る熱風。本当に暑いデス。初めての木曽の暑さを誤算してしまった私は陽に焼けるのは健康的と思いつつも、駐車場 のコンクリート照り返しですっかり日射病にかかってしまい、仕込みを終えるとグッタリ・・私から元気を取ったら何も残りません。トホホ。

バーデゾーンもあるけれど水着着て泳ぐ気力も無し・・。で「10名様予約入りましたぁ」の連絡。はい!シャッキリ!すっきり。この切り替えの早業。 人も環境も整備してクリアしなければならない事がいっぱい、と何とか私らしく遠くから緻密に皆を巻き込んでいる・・おぞまし(笑い)

村には温泉バスが定期的に走っています。その定期便に乗って温泉と食事をして行くのが唯一の楽しみでしょうか。いつもニコニコして挨拶 してくれるからお見送りの時いっぱい手を振ってあげると喜んで下さいます。そんな村のおばあちゃんたちの為にも東京ガールズではないけれど、 かわゆいファッションしてもらいたいと・・好み的なインポート物を知り合いから調達してもらい1000円ほどに。おばあちゃんたちも女の子ですねぇ。 食いついてしまって・・お店と言うお店が近場にないから普段着にお洒落してくれそうです。もう何でもしちゃいます、とばかり私がマネキンになって 売り子さんしたり調理したり・・と、あの人何者??一応温泉施設での接客マネージメントも・・はい。笑って下さい。

後先になりましたが6月に接客マニュアルサービスの本を刊行致しました。接客とは、「笑顔でやさしく親切に・・」あれっ?お世話になった所の 旅館でのこのフレーズ板についてしまいました。先月遊びに行った時のチーフとの写真デス優しい笑顔で着物着替えて飛んで来て下さいました。(写真)
まったりの泉質とVIPクラスの客が行く昔のダンスホールそのままのクラブ等旅館の建造物を含めても一等デス。置き去りにしてきた和文化の飲食 サービスのマナーを、1年足らずであったものの勉強させて頂き、私自身の接客の眼差しがそこで完結できたのです。「せんせ〜旅日記の料理本ではなかったのですぅ?」まぁね。マナーセミナーで活用して頂く事考えてそうなってしまったのです次回ね。ハハ。あれもこれもで忙しいのです。

はい、こちら木曽のお盆は他所に行った人も皆墓守で帰ってくるそうな。で、仏さんも賑やかな方がイイから、カラオケ大会を企画。映画館もゲーセンも なく・・。でも自然を守ってほどほどに位が良いのでしょうか。願いとしては村の為の施設だから温泉も無料化して村民に還元されれば全てが解決する。以上!これでクリアできるのですがねぇ。楽しく皆元気に過ごせる村。あえて何か欠けていると思うのは・・自然の美しさに慣れすぎて、それ以上にもそれ以下にも村民が欲さないと言う事でしょうか。

契約で来たとは言え、リスクを恐れていては何も進まない、何を負ってもその達成感に安堵があるのだ!と常日頃情けなくなる位ホント男前の ような私(笑えない)でも、キラキラ川の水が光り、夢見心地のような川べりに立っていると、仲間のいる都会の喧騒な世の中さえ忘れて涙してしまう。 これからの子どもや小さな命に託して・・。転んで傷ついても自分だけの道なりき。ふむふむ。

木曽は次年に繋がって貰えるきっかけづくり、先行投資でいきましょ。。バイトのイケメン君もおばちゃんも入れてガンバロー。ではそろそろ閉店です! お客さまが帰った後真っ暗い木曽の村の施設にお祭り提灯が浮き立ってキレイですよ〜見てみて☆ん?うっとりしている場合じゃないって言うの!電車 に乗るから送ってもらわなきゃ・・あとヨロシク(笑)







house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved