MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 - 2009.6月 紫陽花の季節に -

梅雨も未だはっきりせずはしゃぐ夏気分を抑えながらも、すっかりこちらをご無沙汰してしまいましたが、生きてます(笑い)。時代の流れに沿って私的趣きも和へと移り・・木工家具や、古伊万里、美濃などの焼物工房で、和洋のコラボ物発掘中です。さて「日々写々」過日公開致しました。うっそうとした五月病や梅雨の時期に起こりがちなプチ鬱症脱出の為にも暫しゆっくりと観閲されて下さいませ。

大打撃な経済の波に呑まれそうな、身近な人の生き様がはっきりと黒と白に分かれたこの数ヶ月、生きる事の意味を痛感した日々でした。どんな時代がきても必ず始めがあれば終焉もある、そう考えればここ2、3年が勝負と見えます・・見える?(笑い)。どっかりと腰を据えて何を未来に託すか、それがこれからの日本の分かれ道。太陽光熱エネルギー利用もやっと動き出し始め、意識改革チェンジとなるでしょうか・・日本の底力を世界に向けて発信する日の出を見なくては。。

騒がせている新型インフルエンザも、疫病に似たウィルスの猛威はどんな時も形を変えてやって来ます。加速する医薬品ですが、薬漬けになってしまっている生体に新薬が追いつかないのは歴然、何がそこまでパニック現象にしてしまっているかも疑問ですが、メディアに惑わされず体を酸化させない強固な体づくりに徹し、たとえ体内に感染しても治癒するまで病気に立ち向う位の気力で毅然としていてほしいのです。突然の世界中を脅かした報道に、出掛ける事を避け自分の身は自分で守ろうと誰もが思われた事でしょう。

それはさておき、のん気な私もここ最近ジムにも通えないのですが、早朝の早足ウォーキングで「緑のおいしい空気をいっぱい吸う!」それだけですが続けられる健康法にしています。先日はちょっと足を伸ばして寝起きと共に名古屋から近い可児市のバラ園に行ってきました。都会と違って山々をバックに広い!広い!靴を履き替えて一周りウォーキング、東京ドームの何倍?・・開園8時前には充分過ぎる運動量でしたが、カメラも持参して香り立つオールドローズを始めモダンローズたちの香り入り空気!をいっ〜ぱい吸いバラソフトクリーム、バラクッキーも食べて・・(笑)。

ここでちょっと薔薇の花の最高のシャッターチャンスについて。。早朝の4時〜5時の間、それは月と潮の満ち干が命の生誕と被る時間、今弾けんばかりと、蕾が額から剥がれ美しくゆっ〜くり、ゆっくりと息をしながら開いていくその瞬間を狙います・・と私的見解です。(^^)v

バラ園では紫陽花が所々で咲き始めていました。ケミカルな七変化色の紫陽花の青は梅雨の間の鬱々した気分をリセットしてくれるラッキーカラー!特に濃い色のノーブル、和名では藍色が癒しの色。バラの育種家達の求める「青の薔薇」は私にとっても永遠の憧れであり未だ見ぬミスティの世界で「限りなく透明に近いブルー」でも「藍より青く」でもない、ヒマラヤのブルーポピーに似た神秘なラズビアリーブルー色、そんなバラが完成すればいつか会いたい。はい。

世界中に分布する歴史あるバラは、強壮作用と抗鬱症に効果のある列記とした医療ハーブです。全国的にも雨天気の6月4日(虫歯予防デー)のその日、相変らずお天気女の私、持参した傘は日傘に変わり暑い暑い!で、ちょっと日に焼けた五感満載のウォーキング日和でした。

例年に比べれば未だ梅雨の雨量達成ならずと言え雨が良く降るような気がします。お陰で田舎明野のほくほく甘いミルキーニンニクの根も雨水を飲んで育ってくれて「天地人」ならぬ雨・土・人、皆に感謝感謝 。じっとして充電しなさいと上から怒られそうではありますが。それでもお気楽ながらウォーキングならぬ次代を走り続けなければ・・。誰かに後押しされた気がする。そう、やらなくてはいけない事がいっぱいで大変だけど・・「生きる」テーマの私は人生悔いなくピリオド迄いつもアライブでいたい!ヒューヒュー(笑い)





house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved