MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 -2007.8月 フルーツ王国から残暑お見舞い -

梅雨が明けカラッと短い日本の夏が来たかと思いきや、うだるような猛暑日和の毎日でありますが、皆様残暑お見舞い申し上げます。 夏の山を・・ならぬ仕事の山を越えるまで海にも山にも行けない私は、猛暑に慣れる迄の期間は涼みに涼んで恥ずかしながら通年は冷房病に陥いるパターンでございます。外皮温度を冷やすのは結構ですが内臓迄冷やすと代謝を悪く致します、などとは私皆に言ってはおりますが、暑いものは暑い!走り回っている時は行く先々でシャリシャリロックアイスを食べまくっております(笑い)

さて可笑しな前置きで失礼致しましたが、今回フルーツ王国の山梨から、一等の美味しい桃をミルキーハウスから出荷する事になりました。美味しい物好きの会員諸氏より何かと細々ご注文が多いのでありますが(失礼)ネットの皆様にもご提供出来る環境にと今回の販売に至りましたのでご利用下さいませ。

桃はもともと生産国が中国で立派な薬膳食材「仙果」。仙人のような長寿を得られるフルーツの意味になり、日本には明治になってから入り、天津桃、上海桃、蟠桃を元に品種改良されてきた物ですが、瑞々しい蜜桃の白鳳は唯一日本の立派なブランドです。

その一番出荷の柔らかい「白鳳」を他所に・・。ミルキーハウスから品種名「夕空ゆうぞら」出荷になります。昨年のように梅雨で長雨ですと一番出荷の桃は実が大きくなっても夏の日照りが短くなり甘みが来ない・・。デリケートな桃をどのように出荷できるかと思いましたが・・、太陽の光がサンサンと当たって育った晩成種はただ甘いだけではない濃い味!木で完熟させた甘く蜜桃の品種名「夕空」桃は、引き締って摂りたてはしっかりしていて硬いと言う事に誰もがびっくりされます。

生産地の一宮町は昔からの観光温泉町石和町と同じ笛吹市になります。私が東京と山梨を通勤する季節の中で一番好きな春は、石和温泉駅辺りから桃の花で一面のピンクの絨毯になり、最初にご縁があったのがその笛吹市になります。現在も大変ご活躍されている荻野市長と地元の葡萄地場産コラボ企画の中で甲州葡萄種ワイン「美吟びぎん」が生まれ、私的にも2000年ミレニアムがスローフードイタリア年であったり会員制立ち上げであったりと、忙しい最中出身地山梨で美吟のプレゼンがBegin(始まり)のスタートになりましたが、健康野菜の根野菜を明野中心に、そして今年の某局風林火山にタイアップして、より山梨の活性を願う一人として、環境を考えた有機土壌にこだわり、丹精込めた体に安心安全な一等物をこれからもどしどし?全国と言わずブランドニッポンとして発信致します。

さて夏を乗り切るのにドリンク剤やサプリメントに頼ってらっしゃる方が多いのですが。私的ことばで日常パターン的生活嗜好品とでも言いましょうか(笑)、涼しくなる頃には肝機能の不具合が必ず表れます。サプリメントを食品項目に入れる考え方はバッサリ捨てて(はい捨てて下さい・・)食事を見直して下さい。カレーやバーベキューソースを作るスパイスが生薬そのものです。たくわんの色付けに使われるカレーの黄色はウコン(ターメリック)は肝機能に役立ち、カレーの香り付けのクミンスパイスは整腸作用に効果大です。美味しく食べられて血液サラサラ・・代謝が良くなって秋にスタイルが変わらず乙女チックになれる?と思えばドッサリのサプリメントは要らないのですが。

では鬱々しないようにせめて夏を爽やか気分に・・香りの強いミントをどうぞ。スイカを丸くくり貫いて、作っておいたミントシロップをかけたり(桃コンポート煮にミントシロップも美味です)、肉や魚を焼いた仕上げに少量のミントソースをかけ食欲アップに。またお風呂上りにミントの葉っぱをパッ!と1枚洗面ボールに入れタオルで一緒に絞ってその香りで体を拭くだけでも、スッキリ!します。最後はミントの話になってしまいましたが、暑さを乗り切るリフレッシュ効果に何かと重宝なハーブたちも使ってミント(笑い)



house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved