MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 -2007.3月 アロマの世界に癒されて -

春風とともに花粉症到来の季節になりました。例年のごとく苦しんでいらっしゃる方の多いこと、お気の毒と申し上げたい所ですが、私もこの花粉とほこり風の中を歩くにはグッ!っと来るものがあり、お洒落もままならずです。生薬のナツメは花粉症予防にイイと言う話題も以前お話させて頂きましたが、それは一予防の話でありまして、普段の清潔な心がけや生活習慣予防対策が一番です。そして鬱陶しい症状から少しでも脱皮(?)する為にも心と体のケアを心がけて頂きたいものです。

さて2月1日にオープンしました、リラグゼーションルーム カフェ付き整体院においては、環境に良いISO企画のアロマ商品を店内で焚いているので、外から入ってくる排気ガスやタバコの煙、ほこり等の有害汚染物質を燃焼させ室内空気環境をクリーンにしています。明らかに違う異空間、お客様も別世界のような空気!と好評です。はい。本当に都会と違って田舎町・・閑寂としていて別世界!?失礼(笑い)。

今回病院施設のイメージの整体院に、より身近なリラグゼーション的な要素を取り入れ、複合施設と言う形で提案致しましたが、ミルキーハウスは食のみならず身近な所から衣・食・住、すべてにおいて、健康を意識していきたいと思っています。先日「みゆきせんせ〜カフェの取材行きます」とラジオ局から応援が来て下さり、取材陣が味噌パスタと薬膳粥を食べまくり、香りまくり、で私の喋りまくりトークで・・しっかり堪能!の情報発信をして頂き嬉しい限りでございます(笑い)。

ところで私が出張中に「かっっふぇっ?」と外人さんが聞いていらっしゃったようで・・。ミルキーハウスのコーヒーカップマーク看板は、昼の営業なので夜のライトアップはされないのですが、整体院の先生はしっかり日本語で「カフェは終わりました!」と申し上げたそうな。(笑い)店舗から200メートル先には文化ホールがありますが、テクテク歩いている外人さんにはフレンドリーな店と思われたのでしょうか。であれば私の今回の気軽に・・のコンセプトにはまって下さったかと・・。

カフェとはいえ整体に来られるお客様がメインなので、イキな足の高いカウンターバーにはしてありませんが、勿論カフェ食事だけのお客様も来られます。男性のお客様も多くイタリアンコーヒーを飲みながらアロマオイルのご質問など受ける事もしばしば。お休みがなかなか取れないバリバリ頑張っていらっしゃる企業の責任者や管理者の方などは来院時にはかなり重い症状で来られる場合が多く、そんな方はとくに施術を終えられた後心が癒されるアロマの香りの世界にうっとりされくつろいで行かれるようです。

今上映中の「パフューム ある人殺しの物語」もお洒落な香りの発祥地パリが舞台で、鼻の利く男性主人公が香水の調合師として、怪しくも危険な世界に入って行くという映画です。そんな香りと言う目に見えない描写を題材にした香りの世界の映画からも、心の健康にはなくてはならない「癒し」の時代の突入と言えるでしょう。

シトラス系、甘いジャスミン系、オリエンタル系など体質に合ったアロマオイルのアドバイスの中で、整体院では確かに品質ともに伝統の商品を扱ってはいますので、ストレスを取り除く媒体としてお役立て出来るには良いのですが、「イイ香りですね〜」と、あまりにもクンクン!嗅ぎまくって・・(笑い)。「香りはアトマニザー的にほのかに香ってこそピュアなのですよ」と申し上げるのですが、異常な程はまりにはまって行く方々の多いこと。アロマの香りの世界・・その感覚のギャップに、嬉しいやら困ったやらの微妙なラインですが、暫くは店舗にて香りのアドバイスで出向きますが、先ずは基本的な取り扱い初歩からですね。

また最近はバレンタインのお返しに癒しのアロマグッズなどが売れ筋のようです。先日もホワイトデー用にと素敵な男性からご相談、香りのシードをしてあげお買い上げになられました。 恋の花咲く季節で羨ましい限り・・。桜散る散る季節の前に誰か私を癒して〜と?(笑い)。



house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved