MILKY-HOUSE ホーム
みゆき先生雑記帳みゆき先生雑記帳 -2005.11月 大根掘り体験日を終えて-

明野では今大根出荷最盛期です。毎年恒例の大根祭りにはフラワーセンター沿道には、県内はもとより県外からも詰め放題状態の大根足!失礼、大根の買い出しの車で埋め尽くします。夏のような駐車場の混雑を避ける為に、先日ミルキーハウスでは一足お先に大根堀り体験とおでんの試食販売を行いました。前日は雨。言わずもがな・・明けて当日は晴れ(晴れ女の私)。手作りコンニャクに味噌ダレの「田楽おでん」つまり「元祖おでん」それと本来のだしたっぷりの「煮込みおでん」。見晴らしのイイ所でぐつぐつコトコト・・昼間をピークに販売終了。

午後はちょっと冷たいくらいの風が吹いてきました。販促は、天気、温度、それと味!・・おでんには丁度イイくらいの涼しさ。「おでん」はみずみずしい明野の大根にぴったり。今年は2000本から作ってあるけれど、暑かったので遅まきにしてもらい・・あらら・・今年はイタリア野菜初出荷も重なって冬休み無しになるかも・で・どうしましょう。それはそうと、どこか懐かしくて・・お母さんの味・・料理はやはりそこにたどり着くのでしょうか。

今、若者の町渋谷に限らず店舗がバタバタ入れ替わっています。先週あった店が全然違う形態の店に、何て言うのは今普通です。一時の流行料理は廃れてきていて、厳しい飲食業界です。厳しいのはどこも同じです。

標高800mの高台の大根畑。前夜の高層ビルホテルから見る都会の町並み。同じ地平線なのだと改めて気がついて・・。 地球は今こんなにも異常気象で災害があり、テロ事件や事故や、植物も動物もそれに巻き込まれて命が絶えていく。人の心はどのように変わって行ってしまうのだろうかと。光を失って今まだ癒えないまま生活している人が身近に多くいる事忘れないでと思います。どうぞ皆様もこれから大変な事が起こるかも知れません、人はどう生きていくべきか、常に生きて活きる行き方を心に受け止めていなければなりません。惑わされないように、自分の気持ちにウソがないようにいつも晴れ晴れとしていたいものです・・・?いつものつぶやきになってしまった(笑い)・・で、京都から頂き物の茶席用の干菓子と抹茶を飲み、今日一日無事終えた喜びをかみしめながら、日本の風情を味わう私でありました。


house@herb-milky.jp
copyright 2004, MILKY-HOUSE. All rights reserved