山梨で「食べる・遊ぶ・学ぶ」の健康づくり Info communications of the Milky


医食住

VIVRE SA VIE

今・・と言う時間的資産は、常に 明日・・と言う物流を押し出す市場へ向けるアクセスそのものです。 人のコミュニケーションをどこまで情報サービスとして商品化できるか、物資なくしても文化の足跡となり古き良きものを捨て去ることなく、次代の変化を恐れないようにしよう!明日の日本の為に・・・ MIYUKI
提案事項
  • 安全な暮らし=五感を潤す自然環境保全/治安対策/青少年非行防止
  • 地域活性化=地産地消の商工活性/PB化の販売・流通/生産就労者の拡大
  • 高齢者を孤立化させない社会づくり=コミュニティー施設設置/健康教育の薦め
フードコーディネーターである前に私は調理師です。
いくら料理を綺麗にレイアウトしても、美味しさの追求をする料理人である事を忘れたことはありません。
料理人である前に健康管理士として薬膳の位置づけで料理を提案します。
いくら味付けを考えた料理でもその方の体調や体質に合わない料理はお勧めしません。

道なき道。分かっていて何もしないのは自分に恥じる。全てはやってみなければ分からない!だった・・・・

心と体の健康食 命をつなぐ 私たちの未来の子らに きれいな花は心の薬です 体にやさしい食べ物は心を支えてくれる力です ・・・MIYUKI

歳時記

フードコーディネーターとしてテレビ局で仕事をしながら、メディアに向けてハーブや健康野菜を使った料理を作りたいとばかり、2000年山梨に会員制の畑の会を立ち上げました。 そして日本におけるイタリア年に合わせスローフード講演会に駆け回りながら、全国各地の郷土料理を改めて再発見し、日本食こそ世界のスローフードの原点と知る事となりました。 ハーブやスパイスの多国籍料理分野を専門とし、地元の調理師学校等で講師をさせて頂いておりましたが、日本でのハーブやスパイスのカテゴリーに幾つかの疑問を持ち、生薬薬膳と日本人の体質改善的な料理に移行、心と体を滋養し活性化させる野菜の中に健康を維持するサプリメントがある事の再認識となったのです。

病院に勤務しホスピスの経験がある母の影響もあって、病院の事務や調剤を扱いながら患者の直接の現場や裏方の調理配食にも係わってきた私の仕事の中での大事なお客様は、今も病気や怪我に不安障害を持つ患者さんです。 ミルキーニンニクが生まれた明野の地は都会から来るには未だアクセスも悪く、福祉医療施設も不十分で観光的にも未開拓の地ですが、スローフード思想をもとに若者の就労も含めたアグリビジネスや高齢者向けの住宅施設が発展する地と確信しております。

日照時間日本一の明野も含めて、美味しいワインと甲州八珍果のふるさと山梨での体感を「心と体の健康」の為にもお薦め致します。
通常のスローフード食体験は
Café Milky小淵沢店で味わい楽しんで下さい
Café Milky(カフェミルキー)

月曜定休(祭日の場合は営業)
山梨県北杜市小淵沢町10146-2
TEL 0551-45-8842
FAX 0551-45-8744
(ハーブ研究所ミルキーハウス事務局)

明野出荷所
山梨県北杜市明野町上神取
事務所携帯 090-3432-**** は現在使用していません
取材等は依頼書を添付し送付願います
お問い合わせ food@herb-milky.jp
フレンチのテーブルクロスも ジノリのプレートも何もいらない 緑の葉っぱが てんとう虫が テーブルアートのフィギュアになる
生産地明野ではワラビの摘み取り(4月下旬~6月)、ジャガイモ掘り(9月~10月)、サツマイモ掘り(10月)、大根掘り(11月下旬)等提携農家と一緒に収穫体験を行っています。
また勉強会で現地の見学のみも行う事もできますのでお問合せください。
調理し食体験される方は小淵沢へ♪
明野大豆を使った豆餅や郷土食「やこめ」作り、
山菜天ぷらに芋焼き、ピザパン焼き等
Café Milky(カフェミルキー)はこちら